So-net無料ブログ作成
検索選択

【記事掲載情報】でんぱ組.incのインタビューが「月刊大人ザテレビジョン 4月号」に掲載されています [音楽/トピックス]

先日、でんぱ組.incのメンバーにインタビューしてきましたが
昨日発売の「月刊大人ザテレビジョン 4月号」(KADOKAWA)に
その記事が掲載されています。


現在、ツアー中のでんぱ組.inc。
17日に行われたZepp Tokyoでのライブの模様が放送されるということで
今回のツアーの見どころなどについてお話を聞かせてもらいました!

↓「月刊大人ザテレビジョン 4月号」の詳細はこちら

表紙もでんぱ組.incです!!




nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドラマ「フラジャイル」 [テレビ/ドラマ]

あなたが医者である限り、僕の言葉は絶対だ

ドラマ「フラジャイル」、面白いですね。
病院が舞台の物語なので観ていてハラハラさせられますが
なんかね、最後はスッキリするんですよ。

長瀬智也さんが演じる岸京一郎
武井咲ちゃんが演じる宮崎智尋

それぞれが何かしら影響を受け、影響を与え
表面上はともかく、なかなかいいコンビなんですよね

614P3kqalBL._SL1000_.jpg
61kbULmFKWL._SL1000_.jpg
51Ym4SB+BhL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-v3-big,TopRight,0,-55_SX324_SY324_PIkin4,BottomRight,1,22_AA346_SH20_OU09_.jpg

次回、予告を見たんですがピンチみたいですね。
またハラハラさせてもらいましょうか。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

桐嶋ノドカさんが歌ってきた曲 [音楽/トピックス]

桐嶋ノドカさん。3か月連続ライブ(渋谷LOOP annexと月見ル君想フ)もそれぞれあと1回ありますが、初のワンマンツアーも近づいてきましたね。これまでにどんな曲をライブで聴いてきたのかな?と思って、ブログを遡ってみました。

《オリジナル曲》
ボーダーライン
キミのいない世界
You've Gone
世紀末のこども
Wahの歌
優しい雨
Good Night(ぐんない)
カメレオンガール
END
スピード
柔らかな物体
プルキニエ
恋愛小説
28時
Star Fishing

《カバー》
Someday at Christmas(スティーヴィー・ワンダー)
アイ(秦 基博)
Chandelier(Sia)
きみはぼくのともだち(ハナレグミ)
猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(ももいろクローバーZ)イベントでコラボ
THE RAIN(Salyu)
part of your world(ディズニー)
Yes-No(オフコース)
ひまわりの約束(秦 基博)


ライブで聴いたことのある曲はこんな感じですが、カバー曲だと、FM802で歌った曲もいろいろありましたね。Ellie Gouldingの「love me like you do」、Superfly「マニフェスト」、サカナクション「years」などなど。他にも、片平里菜さんの「カタコトラジオ」に出演した時に「夏の夜」をセッションしたことも。

初のワンマンライブツアー。どんなセットリストになるんでしょうか。
楽しみですね。
1455905399589.jpg



タグ:桐嶋ノドカ
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

桐嶋ノドカさんのライブ@月見ル君想フ 3か月連続ライブ第2弾 [音楽/ライブ]

18日、青山の月見ル君想フで桐嶋ノドカさんのライブを観てきました。
渋谷LOOP annexと月見ルで、それぞれ3か月連続ライブを行っている最中ですが
この日は月見ル編の第2弾でした。
1455905426954.jpg
月見ルでのライブはピアノ(鍵盤)と歌で聴かせるという趣旨なので
この日も二人編成のステージでした。

前回は山本健太さんがサポートを務めましたが今回は皆川真人さん。

皆川さんもこれまで何度かのんちゃんのライブのサポートをしてきてます。
表参道commune246とか豊洲野音とか。

レミオロメンとか、いろんなアーティストのライブサポートや
レコーディングにも参加していて、本当に多忙な方です。

皆川さんが演奏するところを初めて観たのは、何年前か忘れてしまいましたが
伊藤サチコさんのライブでした。


さて、ライブに話を戻しましょう。
この日の衣装は黒いニットと赤いロングスカート。

デビューミニアルバム『round voice』のリード曲「風」から始まりました。
伸びやかな歌声。スケール感のあるサウンド。
いきなりトップギアに入った感じでしたね。
続いて「スピード」を。
この曲も疾走感があって好きなんですよね。
サビの歌詞に♪飛べる〜というフレーズがありますが
疾走感に加えて、まさしく飛び上ろうとするかのような浮遊感もあるんです。

いい感じに心拍数が上がったところでカバー曲です。

前回の月見ルでもカバーがありましたね。
サポートの山本健太さんがオフコースが好きだということで
「Yes-No」をのんちゃんが歌ってくれました。

今回はなんと、秦 基博さんの「ひまわりの約束」。
秦さんが歌う原曲の「ひまわりの約束」は
皆川さんが秦さんと共同でアレンジを手がけています。
そんな皆川さんの演奏でこの曲のカバーが聴けるという贅沢!
サビの後に、ドラえもんのフレーズがさりげなく盛り込まれているということも
MCで教えてくれました。というか、皆川さんから聞いた話を
のんちゃんが話してくれました。

「高校生の頃に秦さんがデビューして、『こんな歌の上手い彼氏が欲しいな』と思いました」
みたいなことをMCで言ってましたね。

秦さんのカバーといえば、以前「アイ」を歌ったことがありましたね。


4曲目は「恋愛小説」。この曲もここんところのライブの定番曲になっています。
この曲の歌詞について、歌う前に解説してくれたりしました。

5曲目も、これまたライブの定番曲になっている「柔らかな物体」。
聞けば聞くほど沁みてくる曲です。

「次は新曲を歌います。あ、この前歌ったから新曲じゃないかな?
2回目の曲を歌います(笑)」と言った後、16日のLOOP annexで初披露した
新曲「Star Fishing」を。鍵盤のみの演奏ということでやはり雰囲気は違っていましたね。
この曲もワンマンに向けて、ライブではどんどん歌っていくことになるんでしょう。

ラストは「END」。
まだ音源化(CD化)されていない曲ですが
メロディーのキャッチーさを考えるとシングルとしてリリースしてほしい曲の一つです。
個人的な願望ですが。

今回もいいセットリストでしたね。
そして皆川さんの演奏とのんちゃんの歌も素晴らしかったです。


「ボーダーライン」「Wahの歌」「キミのいない世界」「Good Night(ぐんない)」
カバーだと「Chandelier」など、これまでのライブでよく歌われてきた曲があって
それらはどれも好きな曲なんですけど、それがセットリストに入ってなくても、
入れなくても、聴き手を満足させてくれる。それってすごいなと後で感じました。
1455905399589.jpg

ワンマンライブツアーのスタートまであと1ヶ月。
4月の東京公演が楽しみです!

タグ:桐嶋ノドカ
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2016に桐嶋ノドカさん [音楽/トピックス]

3月26日・27日に開催されるTOKYO OUTDOOR WEEKEND 2016というイベントに
桐嶋ノドカさんの出演が決まりました。


場所は新豊洲駅前広場 特設会場。
ここって、以前、スキマスイッチや桐嶋ノドカさんを観た会場ですよね。
3月下旬だともう暖かいのかな?

4月のワンマン直前という時期ですが、これも観に行きたいな
Unknown-1.jpeg

タグ:桐嶋ノドカ
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

桐嶋ノドカさんのライブ@渋谷LOOP annex 3ヶ月連続ライブ第2弾 [音楽/ライブ]

渋谷LOOP annexと青山月見ル君想フで3ヶ月連続ライブを行っている桐嶋ノドカさん。

16日はLOOP annexでの第2弾ライブが行われました。
出演者は、のんちゃん、おおたえみりさん、Mayuさん。
1455644141877.jpg
取材を終えてライブ会場に到着した時は2組目、Mayuさんがライブ中でした。
間に合わないかも知れない、と思ってたので何曲か聴けてよかったな。

この前のワンマンライブがすごくよかったし
次に向かって進み始めた感じもあって
これまで以上に生き生きとしてたように感じました。
楽しそうに歌ってギターを弾く姿を見てると元気になれますね。

そして、トリは桐嶋ノドカさんでした。
鍵盤、ギター(&ヴァイオリン)のサポートありの3人編成。

28時
恋愛小説
柔らかな物体
Star Fishing(新曲)
END

ボーダーライン(アンコール)

久しぶりの「28時」から始まりました。
4月のワンマンライブ(ツアーは3月からですが)に向けて
いろいろ試してきてますね、今回も。

「28時」を歌い終わった後、眠ってませんか?みたいなことを言ってましたね。
制作の時だったかな? 眠くなったらしいんです。
だから「眠くなるのが正解」って(笑。

「恋愛小説」はライブの定番曲になりつつありますね。
「柔らかな物体」はライブ会場限定販売のCDのタイトル曲なので
やっぱり外せない曲です。

そして、本人がツイッターで告知してた通り、
新曲を初披露してくれました。
ディレイの掛かったギターの音が広がりを感じさせる曲で
これまでとは違った色を感じます。
終演後にこの曲のことをのんちゃんに聞いてみましたが
まだアレンジとかも固まってなくて、これから完成させていく曲だそうです。
ライブで歌っていくごとに輪郭がハッキリと見えるようになるのかな。
楽しみですね。

本編のラストは「END」。
疾走感、上昇感、加速度。
聞いてて心地いいというか、気持ちいいんです。
なるほど、今回のライブはこういう終わり方でしたか。

アンコールもありました。

「アンコール、ありがとうございます」と言った後、
アンコールを言ってもらえる確率ってどれぐらいでしょうか?
そんなに高くないと思うんです、と。

アンコールを想定してなくて、曲は決めてなかったみたいです。
何か歌ってほしい曲はありますか?
最初は遠慮してたのか、曲名が上がってこなかったんですが
「ボーダーライン」という声があって、それに決定しました。

「ボーダーライン」ものんちゃんの代表曲のひとつに挙げられる曲です。
ロケットに乗って急上昇で! 
内から外へと向けて飛び出していくポジティブさが好きです。

ワンマンに向けて、まだまだチャレンジが続きそうですね。

そういえばMCで、ライブ前にサポートメンバーたちと一緒に
ゴールドラッシュ(ハンバーグ屋)に行ったことも話してくれましたよ。
前回のLOOP annexの時もゴールドラッシュに行ってたような気がしますが
あそこのハンバーグ、ボリュームがあって美味しいですからね。

来月(3ヶ月連続ライブ第3弾)はSalleyとの対バン。
これも楽しみだなぁ
1455644114359.jpg


Mayuさんのこのギター、いいね!
1454772012835.jpg1454772052720.jpg

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ぼちぼち [日々の出来事や気になること]

またまたサボり気味のブログ
ぼちぼち更新しましょうかね

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015年賞金女王 イ・ボミさんの本「イ・ボミSTYLE」 [書籍/オススメ作品]

女子プロゴルファーのイ・ボミさん。
2015年は賞金女王に輝き、獲得賞金も2億円を突破!
まさに人気、実力ともにトップを走っています。

以前にも少し書きましたが、1月28日に発売されたイ・ボミさんの
フォト&スタイルブック「イ・ボミSTYLE」の製作に
編集/ライターとして関わらせてもらいました。

517jITC4+8L._SX394_BO1,204,203,200_.jpg

昨年のシーズンが終わった後、12月に撮影や取材を行い、年明けに作業が終了。
普段とは違ったシチュエーションの撮影を、ボミさんも楽しんでいただけたようです。

写真家・佐藤裕之さんによる撮り下ろし写真をメインに
2015年シーズン中の写真、日本と韓国でのオフショット、
ゴルフクラブやウェアの担当者の方、日本のファンカフェの会長さんなど
ゆかりのある方々のインタビューやメッセージも掲載されています。

いつもは音楽関連の仕事が多いので、私も普段とは違った気持ちで臨むことができました!
全国の書店などで発売中です。見かけたら是非お手にとって中身を覗いてみてください

イ・ボミSTYLE (saita mook)

イ・ボミSTYLE (saita mook)

  • 作者: イ・ボミ
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2016/01/28
  • メディア: ムック









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: